掛かりつけのお医者さんを見つけるポイント

どんなお医者さんがいいの?

コミュニケーションの大切さ

たくさんの診療所が存在するお医者ですが、自分に合ったところを探すにはコツがあります。
まずコミュニケーションをしっかり取ってくれるお医者さんであることが重要です。
端的に言えば、患者をごまかさないお医者さんということになるでしょう。
症状を説明する際でも、患者に分かりやすく説明してくれているかどうかがポイントとなってきます。
また治療の費用は医者選びの際に気になることが多いと思いますが、しっかりした診察料・治療費の体系を明示してくれているかどうかは一つのポイントです。
これは特に手術など高額な治療費が要求される際には必ず確認しなければいけません。
さらに診療には保険が適用されない自費診療というものもあるのでその確認も忘れてはいけません。

無理をしないお医者さん

いい医者の条件として、「無理をしない」医者であることが挙げられます。
つまり自分の専門ではない治療、あるいはよりその分野に特化した医者がいる場合に、その医者に紹介を行ってくれる人です。
医者の中には自分の報酬を上げるために、なるべく自分のところに患者を引き留めたいと考えている人もいます。
しかし患者にしてみれば、より専門的な治療を行ってくれる医者がいるならそちらに行きたいし、下手な治療でお金ばかりが飛んでいくのでは迷惑な話です。
自分の報酬どうこうよりも、何より患者を最優先に考えてくれる医者が「いい」医者といえるものです。
一般的な治療には特にその必要もありませんが、手術などを行える医者となると数が限られてきますので、専門的に行えるところを紹介してもらう場面があるかもしれません。


この記事をシェアする